ブログ

自己PRは感想文ではない!?

こんにちは。
カリエーレ・コンサルタンツ、キャリアコンサルタント佐渡治彦です。

クライアントの職務経歴書を添削することがあります。

自己PRでは、これまでの実績を交えて、これまでの職歴、知識を応募する企業の仕事にどう活かしていけるのか、どう意欲をアピールすることが重要だと思います。

その際、具体的なエピソードを交えて分かりやすくアピールするようアドバイスしています。

先日、ある営業パーソンの職務経歴書を添削しました。
こんな内容でした。

「クレームが発生して、翌朝、お客様(遠方)の所に伺い手直しをして、社長(お客様)からその迅速な対応が評価されました。信頼を築くことができたことに営業の喜びを感じました」と書かれていました。

この行動はスバらしいと思います。
しかし、これだけの内容では、自己PRにはいささか不十分だと感じました。

この内容ですと、単なる感想文です。

画像1

まず、迅速なクレーム対応で、社長から評価され信頼を築いたことはスバらしいことです。
しかし、信頼されただけで仕事は終わりでしょうか?

この方は営業パーソンでしたが、営業である以上、売上、利益をUPさせることが仕事です。
また、どうしてクレームになったかの原因究明をして、再度、同じクレームを起こさないよう対策を練ることも仕事でしょう。

この自己PRを添削してみました。
例えば、
「顧客から、クレームを迅速に対応したことが評価され信頼関係の構築でき、新規プロジェクトの受注を獲得することができました。
その結果、前年度比○○%の売上UPにつながりました。
クレームも品質管理部と相談し、○○が原因であることを究明し、以後、○○をする対策をすることによりクレームが無くなりました。
こうした顧客との信頼関係構築より業績を伸ばした経験を活かして、貴社の〇〇事業の〇〇を〇〇して展開していき、目標達成することで業績向上に貢献していきたいです。」

どうでしょうか?
この内容ならば、営業パーソンとしての具体的な行動、実績、これからの取り組む姿勢が分かると思います。

画像2

自己PRは感想文ではありません。
仕事に対する自分のPR をするところです。

アピールするには具体的な実績の数字、具体的な工夫をしたことを書くことをおススメします。
その上で、どんなことで会社に貢献できるかを具体的に述べると良いと思います。

一人で、自己PRを書いていても、忘れていたことや気づかなったことがあり、なかなかうまくまとまらないと思います。

そんな時、キャリアコンサルタントに相談してみましょう!
きっと、新たなヒラメキがありますよ!

就活、ファイト!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表の著書・好評発売中!

オンライン個別相談

セミナー依頼受付中

ジョブ・カードとは?

代表プロフィール

訓練対応キャリコン募集

PAGE TOP