ブログ

キャリアコンサルタント普及に、一般訓練コース助成金の活用!

こんにちは。
カリエーレ・コンサルタンツ、キャリアコンサルタント佐渡治彦です。

なかなか、企業にキャリアコンサルタントが導入できないというお話を聞きます。

キャリアコンサルタントを普及させる方法の一つとして、
人材開発支援助成金の中の一つ「一般訓練コース」助成金の活用をおススメします。

このことは、拙著「キャリアコンサルタント」で自立する方法 国も推奨!今、最も注目の国家資格(合同フォレスト)でも述べていますので、
詳しくは、ご一読していただけると嬉しいです。

スクリーンショット (32)

一般訓練コースは、職業に関する知識や技術を習得するために20時間以上のOFF-JT(座学での研修)を行った場合に訓練にかかった費用と賃金の一部が支給されるコースです。

他にも特定訓練コースなどの助成金もありますが、キャリアコンサルタントを導入するには一般訓練コースが、企業に入りやすいでしょう.。

厚生労働省「一般訓練コース」URL
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html

一般訓練コース には、経費助成 と賃金助成(1人1時間当たり)
経費助成は、OFF-JT にかかった費用の30%を支給されます。
また、賃金助成(1人1時間当たり)は、380円 (480円生産性要件を
満たす場合)
が支給されます。

*生産要件とは
訓練開始日が属する会計年度の前年度の生産性とその3年度後の会計年度の生産性を比べて6%以上伸びていること
<生産性の計算式>
生産性=付加価値÷雇用保険被保険者数

画像4

例えば、介護事業所で
5人の従業員に対し介護福祉士実務者研修を外部で、
一人当たり45時間、97,000円で受講した場合、

経費助成
は、一人当たり97,000円×30%=29,100円
したがいまして、29,100円×5人=145,500円の支給が受けられます。

また、
賃金助成は480円×45時間=21,600円(生産性要件を満たす場合)
したがいまして、21,600円×5人=108,000円の支給が受けられます。

よって、経費助成145,000円+賃金助成108,000円=253,000円
の助成金が支給されます。

研修時間で45時間の人件費を除くとして、
97,000円×5人=485,000円の研修費用のうち、約半分の253,000円が補填できます。

画像3

もちろん、キャリアコンサルティング費用も別途かかりますが、
外部研修で従業員のスキルアップを考えている企業には検討していただく価値はあると思います。

定期的なキャリアコンサルティングで、従業員のキャリアプランニングの支援、離職防止にもつながると考えます。

この助成金を申請するには労働局への様々な書類の提出が必要です。

助成金申請に詳しい社会保険労務士とキャリアコンサルタントがコラボして企業に提案することをおススメします。


画像2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表の著書・好評発売中!

オンライン個別相談

セミナー依頼受付中

ジョブ・カードとは?

代表プロフィール

訓練対応キャリコン募集

PAGE TOP