ブログ

「自分探しの旅」いつまで?

こんにちは。
カリエーレ・コンサルタンツ、キャリアコンサルタント・佐渡治彦です。

最近、20代後半~30代後半の女性のクライアントとキャリアコンサルティングをして、気になることがあります。

画像1

学校を卒業していわゆる一流企業に就職してOLをしている方に見られがちなのですが、今の仕事には不満はないのですが、
現状に物足りないのか転職や留学、長期海外ステイ(今は、コロナの影響でしにくいですが)を考える人が見られます。

総合職で採用されバリバリに仕事に取り組む女性も見られますが、
一般職で採用され入社して5年位経ち、将来を見直そうと悩まれている女性がいるような感じがします。

もちろん、転職をしてキャリアップ、留学をして語学を身につけることは良いことだと思います。

画像2

この世代の女性ですと、結婚、出産など人生の大きなライフイベントを意識する世代です。

将来の人生を考える時期でもあります。

周りに結婚、出産をして家庭を築いている友達の生活を見ていると、自分の将来を真剣に考える時期でもあるでしょう。

昔よく言われたキーワードに「自分探し」という言葉があります。

「本当に自分がやりやいことは何か?」「自分はどんな人間なのか?」を
見つけるために海外旅行や留学をする行動をすることです。

もちろん長い人生の中で、「自分探し」をする時期が必要であることは否定しません。

しかし、いつまで「自分探し」をしているのか気になる方もいるように思えます。

画像5

特に感じられるのが、大学、大学院などを卒業された高学歴の女性にそのような傾向が見られるように感じます。

大学、大学院で学んだこととは関係ない仕事に就き、自分に合わないので会社を辞めて、また、留学、海外旅行などの「自分探し」の旅に出る。

そして、社会的ステイタスのある法律事務所や会計事務所の事務職として就職する。

そこで専門知識を身につけるわけでもなく、事務処理の仕事をしているうちに仕事がつまらないとまた「自分探し」の旅に出る。

終着点の書かれていない地図の「自分探し」の旅をいつまで続けるのですか?と言いたい方がいらっしゃいます。

画像7

ある意味「自分探し」は一生行う必要があるのかもしれません。

最近「人生100年時代」と言いますが、20代後半~30代後半は将来の自分の生活の軸の方向性を決める重要な時期でもあります。

結婚して家庭を築くことも大切です。
プライベートの時間を持つことも大切です。
仕事で自己実現することも大切です。

いわゆる国が推奨している「ライフ・ワーク・バランス」を考えてみることが必要なのかもしれませんね。

ここで注意して欲しいことは、ライフ・ワーク・バランスとは、仕事とプライベートの「両立」ではなく、「調和」を意味します。

仕事とプライベートとを「両立」しなければならないと勘違いしている人が、案外、多い気がします。

「両立」を国は推奨しているわけではないんですよね。

別の考え方もあります。

ある意味、自分の「好きなこと」「やりたいこと」を仕事にしていれば、
1日24時間、仕事に費やすことも苦にならないかもしれません。

私の知り合いの30代後半の女性には、OLを辞めて、今、流行りのネットショップを自ら開設して、充実した毎日を送っています。

ライフ・ワーク・バランスというよりも、人生としての仕事を意味する
ワーク・アズ・ライフという価値観が必要と言えるかもしれませんね。

画像5

自分に合う仕事など待っていてもやって来ません。

これまでのキャリアの中で、どんな仕事に喜びをもてたのか、興味、関心があったのか。

どんな分野でも良いので、その分野を追求していくことが必要だと思います。

それをしなければ、「自分探し」の旅で一生は終わってしまうと思います。

なかなか「自分探し」の旅から戻れない方は、キャリアコンサルティングを受けてみませんか?

キャリアコンサルタントと話をするうちに、「自分探し」の旅の終着点の
書かれた地図が見えてくるかもしれませんよ。

「キャリアコンサルタントで自立する方法」

◆『「キャリアコンサルタント」で自立する方法 国も推奨!今、最も注目の国家資格』(合同フォレスト)

Amazon  amazon.co.jp/dp/4772661670

楽天ブックス books.rakuten.co.jp/rb/16311012/?l…

画像7

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表の著書・5/29発売!

オンライン個別相談

セミナー依頼受付中

ジョブ・カードとは?

代表プロフィール

訓練対応キャリコン募集

PAGE TOP