ブログ

「持続化給付金」は返済不要で支給?最大200万円支給の計算と申請時期【フリーランス・中小企業必見】

こんにちは。
カリエーレ・コンサルタンツ・キャリアコンサルタント佐渡治彦です。

新型コロナウィルスの影響で収入減したフリーランスのキャリアコンサルタントのみならず個人事業主、中小企業、小規模事業者に政府は支援策を発表しています。
是非、以下の支援策をご検討してみてはいかがでしょうか。

4月7日に閣議決定された「緊急経済対策」の支援内容として、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者への支援策が追加されました。

そのなかで、新たに創設が発表されたのが「持続化給付金」です。

「持続化給付金」の概要

経済産業省の発表によると、持続化給付金は、感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える給付金とされています。

画像1

現在発表されている内容は下記表の通りです。

【持続化給付金の概要】

【給付対象者】

・中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者等、その他各種法人等で、新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している者

資本金10億円以上の大企業を除き、中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者を広く対象とする。また、医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人についても幅広く対象となります。

【給付額】

前年の総売上(事業収入) — (前年同月比▲50%月の売上×12ヶ月)

※上記の算出方法により、法人は200万円以内、個人事業者等は100万円以内を支給されます。

画像3

簡単に言ってしまうと、今年1月から12月までに、1ヶ月でも売上が半減した事業者に対して、法人なら200万円、個人事業主なら100万円を上限に現金が支給される制度ということです。

法人だけでなく、フリーランスを含む個人事業主も対象になりますので、新型コロナウイルスの影響で売上が減少した幅広い事業者に対応した制度となっています。

※本制度は、令和2年度の補正予算成立を前提としたものであり、まだ制度の詳細も公表されておりません。現時点(本記ブログ公開時4月16日現在)では申請できない点にご了承願います。  

詳しくは、経済産業省のホームページをご参照願います。
【経済産業省】持続化給付金に関するよくあるお問合せ

【 持続化給付金に関するお知らせ You Tube 】 【経済産業省 】
https://www.youtube.com/watch?v=r2h035U4lcI&fbclid=IwAR1uXJfWIkQd4q
Xr50rtWdcLXK3ZrFBBOTHn7K_
wSk47t51gjEG8j2CC2mE&app=desktop

また、ご質問等ございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

【おすすめブログ】

【速報】雇用調整助成金・教育訓練拡大【コロナ対策・厚労省がFAQ公開】

【新型コロナ対策】雇用調整助成金についてわかりやすく解説します!

画像2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表の著書・好評発売中!

オンライン個別相談

セミナー依頼受付中

ジョブ・カードとは?

代表プロフィール

訓練対応キャリコン募集

PAGE TOP